親の死んだ歳を越える

  • 2016.09.09 Friday
  • 19:25

JUGEMテーマ:つぶやき。

 

 

朝散歩をしていると、歩きながら、いろんなことが頭をよぎります。

 

 

 

 

既にウォーキングを趣味としている兄は我が家に来て泊まっても朝散歩に出かけ、時間があけば、歩きたくてうずうずしているよう・・・そんな兄だけど、昔は運動なんてとんでもないタイプでした。

 

 

一病息災とはよく言ったもの10年余り前?!に胃潰瘍を患ってから健康に留意するようになり、定期的に主治医にかかっていて血糖値やコレステロール値などが高いとなれば、ウォーキングや昇降運動などで値改善に至っているようで本人はとてもご満悦!

 

 

そんな成果があって余計にウォーキングに力が入るようなのです。

 

 

私はそろそろ運動やらなきゃーと焦りも感じ始めてたこととそんな兄の影響もあり始めた朝散歩でした。

 

 

 

 

この夏、その兄は30年前に亡くなった父の年齢を越えたのだなぁと、ふと思ったのです。

 

 

あの俳優の中井貴一は父親の故佐田啓二の亡くなった歳を越えて自分が生きるということが考えられなかったと言ってました。

 

 

私の友だちも母親が亡くなった年齢をすごく意識する。その母親の年齢を越えられるのか・・・自分も死んでしまうんじゃないか・・・それくらいのインパクトが同性の親の死亡時の年齢があるんだってことを知りました。

 

 

兄はいい意味で『今』を生きるわが道B型の典型タイプ(これも昔はこうでなかった)、あまり気にしてなかったかもしれませんが、どうだったんだろう〜?!などと思いがよぎった朝でした。

 

 

 

 

夜、ネットで「親の死亡年齢  越える」で検索してみたら同じように感じてた人が多いことにびっくり!!

http://komachi.yomiuri.co.jp/t/2014/0309/647280.htm

 

 

その中にこんな文章を見つけました

      ↓

「そんな風に(母の)年齢越えた後は、まるで真っ白なキャンパスに自分の色で絵を描いているような日々

これから先はイメージ追うのではなくて、自分が自分らしく生きる...

それでいいんじゃないかと、私は思います。」

 

 

いろいろな意味で

『越える』『開放』であり、始まりの一歩』

なんだって思いました。

 

 

 

 

みずの輪tenshi

http://www.mizunowa104.com/

 

 

 

修験道?!神仏習合

  • 2016.09.08 Thursday
  • 20:06

 

昨夜の雷雨から一夜明けた今朝は久々に太陽が顔をのぞかせました。

 

 

この数日、朝は曇ってて雨が降り出しそうなお天気でした。

 

 

水面に写る太陽・・・キラキラきれい晴れ

 

 

木々に朝日と木漏れ日

 

 

伊勢社への道での光き

 

 

最近、登り始めた場所。この上のほうに摂社の一つがあります。

 

結構な急坂でロープもついています。

 

登りながら、ふと思ったのです。「これって、あの時(修験者の過去生)の修業の道と同じだ!」

 

この道の先にあるのは天照大神を祀っている伊勢社です。

 

・・・そうかぁ〜神仏習合だー。

 

そんなことを思いながら登っていくと、後ろにいた夫が「まるで修験道やな」とつぶやいた!

 

もう数回、この道を登ってきたのに初めて二人ともにほぼ同時に同じことを感じたのですお願い

 

 

 

そして、お参りを済ますと社にお賽銭があるのに気づきました(祠だけなので賽銭箱などありません)

 

ちょうど持っていた小銭をお供えしました。

 

夫にお供えしたことを話すと「そんなに〜(笑)」⇒(それほどの金額ではありません(笑))

 

「それくらいのこと・・・ここに来させてもらえただけ感謝じゃない?!」と言うと「そーやなぁ、みんながそんなやったら争いは起こらんのになぁ〜」って。

 

へぇ〜(笑)そんなふうに感じてるんだ〜ちゅん

 

 

西寒多でお伊勢参り・・・ちょっとした異空間、なんだか平和〜な時間が流れてたのでしたちゅん

 

 

 

 

みずの輪tenshi

http://www.mizunowa104.com/

 

 

それでいいのだー!

  • 2016.09.07 Wednesday
  • 21:33

 

 

わたしは 〇〇したい
わたしは 〇〇たい


 

わたしがわくわくすることは こういうこと

 

 

◯◯のためにとか ◯◯だからとかって 

いい訳だったのかもしれない

 

 

わたしがしたいから やりたい からなだけ

ただ それがあっただけ  シンプル  すっきり

 

 

どこかで

伝えたい って相手が向う側にあって

だから〇〇 とか そのためには〇〇 って

思ってたかも

 

 

でも 真正面に立って祈っていたら

鏡に映った私の中の答えを映し出してくれた

 

 

わたしは〇〇したい

ただそれだけ

 

 

それを知って喜びと感謝が込み上げる

 

 


 

 

(赤塚さんじゃないけれどー)

 

 

 

「それでいいのだー」

 

 

 

ただ湧き上がる思いのままに

 

わたしがわたしに呼びかけ わたしがわたしを楽しませる

 

 

 

「それでいいのだー」

 

 

 

・・・そんなふうに言ってる・言われてる・気がしたのでした。。。

 

 

 

 

 

みずの輪tenshi

http://www.mizunowa104.com/

 

 

今日、私が感じた大切なこと

  • 2016.09.04 Sunday
  • 13:55

 

 

今日も神社の中をいつもと同じように回っていく

 

 

そこで気づく

ん?!それって

こうしなきゃ・・・になってない?!

 

 

その日その時に感じる自分の奥底の気持ちを聞いていこう

 


観音は

自分の声を聞く

相手の声を聞く

でも まずは自分

 


 


ルーティンでなく

自分が「行きたいところにいく」は・・・緩やかなエネルギー

 

もっと自由で・・・

 


映し出された現実をそのまま眺める、受け入れる

 

 

鏡はそのままの姿を映し出している

 


私が真っ直ぐに立っていなければ、真っ直ぐ立っていない私を映し出す

ただそれだけのこと

 


・・・今日はそんなことを感じた私なのでした。

 

 

 

 

すくっと天に向かって伸びる詔霊(おがたま)の木

 

 

 

 

みずの輪tenshi

http://www.mizunowa104.com/

 

朝散歩のお参りで受け取ったこと

  • 2016.09.03 Saturday
  • 08:04

 

6時過ぎから今日も朝散歩。

 

7月末から始めた西寒多神社への朝散歩は前からの約束で9月になったら距離をちょっとだけ延ばそうって1勹篦垢靴泙靴拭
 

いつもの言葉を唱えながらお参りします。

 

本殿、天満社、大分社を終え、合併社にお参りした頃、「ここに来られてること、共にお参りできてること、今日という日を迎えられてること、家族、クライアントさん‥‥」そのすべてに感謝の気持ちが湧いてきて、いつも感謝を伝えてるのだけれど、もっともっと根源的な部分、今という時間、すべてが奇跡の連続なんだって思いが込み上がってきました。

 

9/1の空

 

 

他のお参りも終え、歩きながら思う・・・今日は母を知り合いのデイサービスに連れていく日。

調子のよい時と発作のようにそうでない時が起きる。先日は「そうでない時」でした。行けば楽しく心身共にいい刺激になっているようなのだけれど部屋を出るまでが・・・汗「今日は大丈夫かな?!」・・・ふと頭をよぎる。

 

 

合併社・・・御星社、保食社、龍王社、貴船社、歳神社、愛宕社、高尾社、金毘羅社、天満社、竹内社、九一郎社

 

 

今まではそれを思うとちょっとため息が出る気持ちがあったけど、今日は「もし母が行かないって言ったなら、こんなふうにハート言おうひらめき」って言葉が自然にぽんと出てきたのです。

 

 

それは、叱咤激励でもなく、否定でもなく、私の中から今まで思いもしなかった言葉。

私が子どもの頃はいつも否定されていて、それはそれは怖い存在だった母です。その母の影響を受けてかなり長いことインナーチャイルドを抱えて生きてきましたけれど(笑)母も高齢になって今は時折、母親に甘える子どものような存在になったりもしています。

多分、全面的に頼りにしてるのでしょう、ようやくね(笑)

 

 

9月に入って神社での祈りの中で湧き出てきた思い、気持ち。

祈りは「意(い)宣(の)り」、意思を宣言する行為なのだとか・・・。

祈り始めて1ヶ月余り、常に無心で祈ってただろうか?! そのつ・も・りでいたけれど、それを昨日今日でリセットされた思いでしたき

 

 

池の中にある厳島神社。お祈りを終え、ふと顔を上げると蜘蛛。神様のお使いですね〜き

何やらもぞもぞと口を動かして語りかけているようでした。

(蜘蛛は昔っから嫌じゃなくって、よくわからないけど守ってくれてるような、あり難いようなそんな感覚なのです)

 

 

 

そう神社って、毎日、自分をリセットさせてもらえる場所なんだって受け取りました。

 

神社のご神体はであることが多いですね。鑑みる・・・自分の立っている先にある鏡で自分の姿を鑑みるってことのようです。今まさに、私、そのことを実感していますheart

 

さあ明日、またどんな自分に出会えるのかな?!

 

 

 

みずの輪tenshi

http://www.mizunowa104.com/

 

日々是好日

  • 2016.08.30 Tuesday
  • 14:14

 

日々是好日

 

・・・そんな言葉がふわぁ〜って出てきました。

 

いつもの朝散歩、西寒多神社内の天満社と大分社での参拝を終えたところ。

 

んんん・・・天神様・・・天の神様からの?!

 

 

 

 

雨の日だろうと嵐の日であろうと曇りの日であろうとも、どんな日もすべて善い日。

 

人生に置き換えたとき、うれしい日も悲しい日も悔しい日もすべてやってくる毎日は自分にとって必要で大切な日・・・そういうことかなぁって。

 

 

帰って「日々是好日」を調べてみました。禅語でした。

http://www.daruma.or.jp/zen/detail.html?zen_id=11

 

ほぼ、そんな解釈みたいでした。

 

 

こうやって、朝散歩できる日に感謝き

 

良い日、悪い日なんて勝手に自分が決めたこと。

 

どんな一日にするか、どんな一日だったと思うかはすべて自分が決めるんだ・・・そう、すべては自分次第

 

日々是好日」・・・この言葉がす〜っと腑に収まって、私の散歩の足取りがより軽やかになりましたハート

 

 

 

 

みずの輪tenshi

http://www.mizunowa104.com/

 

幸せの青い鳥

  • 2016.08.10 Wednesday
  • 12:01

 

最近、遭遇することが多くなった寒田川沿いにいる『かわせみ』

 

 

西寒多神社手前にカメラを据えて川の何かを撮ろうとしてる人が毎日数人います。

 

 

何を狙っているのかと聞いてみたら『かわせみ』とのこと

 

 

名前は知ってたけれど、ネットで調べたら、すごくきれいな羽を持つ鳥でした。

 

 

それから数日後のある日、夫は3回、私は2回遭遇・・・あまりの色の鮮やかさにカメラを抱えてシャッター

 

 

チャンスを待ち続けている気持ちわかる〜onpu03

 

 

上等な望遠レンズのついたカメラじゃないけど、スマホからデジカメに変えて散歩する。

 

 

あ!居た!目のいい夫が見つけました!

 

 

 

 

魚を取るベストショットじゃなかったけど、そのきれいな姿を収めることができました。

 

 

 

 

そして、こちら↑散歩帰りにも出会いました!

 

 

行きに見たかわせみと同じかな?!2羽いるのかな?

 

 

その後、飛び立ちましたが、またその姿がとってもきれいで、かわせみとの遭遇はなんだか幸せの青い鳥

 

 

に出会えてる気がしますにじ

 

 

 


 

みずの輪tenshi

http://www.mizunowa104.com/

 

 

 

神さまに報告

  • 2016.08.09 Tuesday
  • 12:24

JUGEMテーマ:おでかけ・散歩

 


 

 

いつもの朝散歩の西寒多神社に向かう道で夫が言う。

 

 

「報告しないとー。家族が増えます」・・・昨日8月8日にあったうれしい出来事はーと

 

 

あー家族が増えるね・・・うんうん、夫はそんなふうに捉えてるんだってほんわか〜な幸せな気持ちになりま

 

 

した。

 

 

ふたりの新しい一歩が始まるき清々しい朝に

 

 

 

鳥居の上に十字の雲。。。

8月8日の空  鳥居と十字

 

 

 

 

みずの輪tenshi

http://www.mizunowa104.com/

 

 

 

 

夏の終わり〜シンクロニシティ

  • 2016.08.08 Monday
  • 11:16

JUGEMテーマ:気になること

 

 

昨夜は、今年、真夜中になってもセミの鳴き声が五月蝿いくらい激しかったのが、なぜだか急に静かだった

 

 

なぁって感じていたら、朝散歩の西寒多神社の境内にたくさんのセミの死骸・・・。

 

 

 

 

「夏が終わりってことだー」夫が呟く。

 

 

あ、そうかぁ〜この夏、鳴き切って生き切って生命が終わり、また土に戻るんだ・・・セミにとってのひと夏が

 

 

終わるんだ〜としみじみ・・・

 

 

 

それにしても今年、セミが異常に多いって思うのは私だけ?!

 

 

窓のすぐ側の木に何匹ものセミ・・・こんな近くにこんな数のセミがいることなんて・・・

 

 

 

家の周りの木々や壁にたくさんの抜け殻や土には土中から地上に出るためのセミ穴が結構な数あります。

 

 

 

 

昨年から徐々にセミの抜け殻蜘蛛の卵のう、普通ありえないでしょう〜っていう脱皮を目の前で見せてく

 

 

れるバッタなどなどが私の回りにシンクロニシティの様相で私の中にも起こっていました。

 

 

 

昨年から始まっていたこのシンクロニシティは、今年の夏に佳境を迎える・・・そんな気がしていますき

 

 

 

 

みずの輪tenshi

http://www.mizunowa104.com/

 

 

 

 

 

朝散歩

  • 2016.08.05 Friday
  • 11:40

JUGEMテーマ:健康

 

7月中旬から始めた朝散歩。

 

メタボな夫と運動不足の私、冬にちょっと始めかけた夕方散歩は結局、中断してしまい、、、やっぱり再開しよう!そうだ夏は暑いし、朝散歩だぁ〜!!と近くの西寒多(ささむた)神社に出掛けています。

 

早朝の神社は気持ちいい✨

 

 

7/31の夏越し祭の際の「茅の輪くぐり」

 

左、右、左と輪の中を3回くぐります。

 

 

 

鳥居前の石橋のふたり

 

 

 

由緒正しき豊後一の宮

 

 

 

日々、出会うこと、発見があったり、楽しい朝散歩・・・今回は続きそうです(笑)

 

 

 

みずの輪tenshi

http://www.mizunowa104.com/